NPO法人国際総合ヨガ協会・東日本連合会オフィシャルブログです。 東日本連合会の講習、合宿などの報告をしていきます

2011年02月22日

第99回指導者養成セミナー


2月6日のセミナーのご報告です

■■■■■ 第99回指導者養成セミナー ■■■■■■■■■■■■■■■■■

内容 : 足にも心がある  P34〜P55

ポーズ: 釣針のポーズ
     片足立ちのポーズ

呼吸法: 腹式呼吸法

テキストの番号:12・13・17・18・21・27・28

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


                          佐藤 恭子 講師

NEC_1180.JPG

まず、目を閉じて60秒間その場で足踏みをします
そして目をあけると・・・
前に進む人、後ろに下がる人、斜めを向く人、ほぼ同じ人、
様々な癖や歪みが如実にあらわれました

骨盤、肩甲骨、後頭骨などの前後左右の偏り・ねじれ、
いろいろなポーズで修正していきます
NEC_1173.JPG

「立位のアーサナ全般、特にターダアサナは
 足の自然な動き、筋力、適応力を
 回復する効果に優れています。
 大地にしっかりと根を張った基盤、
 天に向かって延びたイメージでターダアサナを!」

また、足の踏む力をより強く感じるために
座布団を足先で踏んでしっかりと下に押し
釣針のポーズをとってみます
伸ばした指先はどこまでも遠く・・
NEC_1172.JPG


ふだんの癖などで歪みがちなところを修正し
体を十分に動かしてすみずみまで気が行き渡り
心地の良い時間でした

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



                              川端 慧芳 講師
NEC_1178.JPG
  
1.ヒトとは?
  ・脊椎は、ずっと水平であった
  ・猿が脊椎の向きを変えた
  ・ヒトが直立歩行で手に入れたもの
  ・環境の変化に適応するため、生物はその形を変えてきた 

2.与えられた体を使いこなすには?
  ・ヒトは二つの足の裏だけで体重を支えている
  ・足裏を鍛え、バランスを回復する
  ・動くための足裏の使い方
  ・ヒトの体の中心は骨盤である
  ・頸をまっすぐに立てる

3.呼吸のいろいろ
  ・腹式呼吸
  ・ウッジャイー
  ・完全呼吸

6枚にわたるプリントをいただき
講義が始まります

歪みの概念があるのは沖ヨガであること、
体の歪みは「筋肉・骨・内臓」この3つが原因であること

そして、ヒトはなぜ肩凝り腰痛になるのかーから
骨盤周辺のいろいろな筋肉の役割や動きなど
ヘンリー氏の骨格見本を示して
わかり易く説明していただきました

合せきでは坐骨の上に骨盤をしっかり立てることが大事です
水の入ったペットボトルを頭上に載せてみます
あちこちでボトンボトンと落ちる音が・・
NEC_1175.JPG

NEC_1179.JPG

そのまま足指を組みます
それぞれの指は自由に動くか、親指に力がこもるか、
割り座やとんび座りはどうか
開脚では膝をしっかり伸ばすことを注意し
片足立ちでは、指を4本あげてみると
一気にバランスが取り難くなります

そして大事な呼吸について
腹式、ウジャイー、完全呼吸法を
試していきました

さまざまなお話の中で印象に残ったのは
指導におけるアマチュアとプロの違いに触れられ
「アマチュアには自分と似た人が集まる
 (好きなポーズが同じだったりする)
 でも、プロには自分と違う人が集まる」と・・
とても考えさせられる言葉でした

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このセミナーは、
新しい知識はもとより
自分自身の体についてや
いろいろな方法・考え方などを学び
自身を振り返ることの出来る、たいへん有意義な4時間です
また多くの方が参加されますようにexclamation


                     ペンあきまるかわいい
posted by ヨギーニ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 指導者養成セミナー報告

2011年01月11日

URL変更のお知らせ

2月より東日本連合会のホームページとブログのURLが
変更になりますのでお知らせ致します。

東日本連合会ホームページ
 旧) http://www.higashinihonyoga.sakura.ne.jp/

 新) http://sougouyoga.com/higashinihon/


東日本連合会ブログ"Yoga*Days"
 旧)http://higashiyoga.sblo.jp/
 
 新)http://higashinihon.sblo.jp/

posted by ヨギーニ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2010年12月06日

第98回指導者養成セミナー

本年度最後の指導者養成セミナーが行われました。


■■第98回指導者養成セミナー■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

内容:「宇宙の「気」を食べる」「食事法で悩みを断つ」
アサナ:くつろぎのポーズ、コブラのポーズ
修正体操:5/6/9/13/14 (テキストのNO)
呼吸法:スカア・プルバク
講師:三好暁、佐野恵江

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

佐野講師担当 「宇宙の「気」を食べる」
 ポーズ:くつろぎのポーズ
 修正体操:5/6/9

 沖先生の著書である「真智聖愛」の一部を抜粋したプリントが
 配られ、参加者が順番に読み上げて行きました。そしてテキストも
 読み進められました。
 
 最近流行りの「パワースポット」を切り口に、聖地、呼吸、
 一体化して感じること、気度間、本を読むことなど、
 様々な事を佐野講師はお話されました。どれも佐野講師自身が
 体験したことなので、とても面白く、わかりやすく
 「気を食べる」という事を学ばせていただきました。
 
 その後、音楽に合わせてアサナをとっていきました。
 ゆったりと流れるように気持ちよく身体を動かし温まったところで
 実習に入りました。
003.JPG

 アサナをいくつかとり、修正体操をおこないました。
 修正体操:5/6/9
004.JPG
写真上・中→修正体操5
写真下→修正体操9

 修正体操の後は、ハッピーベイビーのポーズ、橋のポーズ、
 アーチのポーズ等を行いシャバアサナへ・・・
 005.JPG
 身体を整えた後のアサナでしたので
 骨盤が柔軟になりアサナがとりやすかったです☆




三好講師担当 「食事法で悩みを断つ」
 ポーズ:コブラのポーズ、くつろぎのポーズ
 修正体操:13/14
 呼吸法:スカア・プルバク
 
 テキストを読みながら、内容について詳しく説明して
 くださりました。

 「ヨガは冥想しか教えない」」(ヨガは、生命との対話)
 「すべての事を冥想でおこなう」というお話をしてくださいました。
 食事のアドバイスについては、人それぞれであり、他人が
 食事を指摘することができない。
 いのちでみた食事法=冥想が大切だという事を
 学ばせていただきました。

002.JPG

 実際どのように三好講師が冥想されているか、
 毎朝布団の上でおこなてっているアサナを紹介
 してくださりました。
 その中に、片脚前屈がありましたが、佐野講師の実習のときにも
 おこなったアサナで、片脚を曲げた時に骨盤をまっすぐにする。
 というのを強く意識しましたが、
 三好講師は、違う方法で骨盤をまっすぐにし、
 脇腹を均等に伸ばすという意識がはいりました。
 お二人の講師によってよりアサナに対する理解が深まりました。

 食事のお話では、テキストには陰陽表が掲載されていたり
 結合食とは・・など説明がありましたが、
 一番大切なのでは、「体験・体得」であるという事で、
 断食、塩断食、マクロビオティック等とにかくやってみれば
 どうかわるかわかると、体験・体得の重要性をお話されました。

 そして三好講師は最後に私たちヨガ指導員にこう伝えてくださいました
 「誰でも、どこでも、いつでもできる。死ぬまで出来るヨガ
  を伝えていってください。」

 アサナ:コブラのポーズ、シャバアサナ

001.JPG

  段階をわけてのコブラのポーズ
  うつぶせのシャバアサナも行いました
 
 修正体操:13,14
  13:この修正体操は、横座わりになり上半身を傾けるものですが、
    わき腹や腰に負担がくる、横座わりで骨盤をかえって歪ませる
    可能性があるのでやり方には注意が必要
  14:ラクダのポーズの形をとります。
    左右のアンバランスを考えながら整える。

 呼吸法:スカア・プルバク
  あまり見かけられない呼吸法で、
  普通、ナディーショーダナーという名前で紹介してあるそうです。
  自分なりのやり方をつかんでいきましょうとアドバイスがありました。
  (「ヨガの喜び」の中では、左手でとありますが、三好講師は
   右手で行いました。)

最後は、ハミングしながらの毛細血管運動をおこない
シャバアサナにはいりました。これは、生活習慣病の
予防にもなるそうです☆


今回も学びの多い、充実したセミナーとなりました!!
ありがとうございました。














posted by ヨギーニ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導者養成セミナー報告

2010年11月21日

第9回マザーツリーの会セミナー報告

11月7日に第9回のマザーツリーセミナーが開催されました。

 講義 「東洋医学入門・体質改善のための正食」  講師 國清 拡史

第9回セミナーは國清拡史先生にご講義いただきました。
101107_1443~01.jpg
正食の知識の中で今回お話くださったのは「塩」です。塩は生命を維持するのに必要不可欠なもの。先生は沖先生の原理原則「いのちは間違わない」という教えをもとに正食を追及されていくうち、「毒とはからだに蓄積された未分解の塩気を含んだタンパクでないか」との考えに到ったそうです。そこから「無塩食」の方法を編み出し実践されています。
そしてその理論と実践方法、効果など症例をあげてわかりやすくお話くださいました。その中には、腰痛が改善、血圧が降下、ホクロがとれた(!)などとても興味深いものもあり、先生の実際のご経験と深い考察ゆえのご講義は、時にユーモアもたっぷり、すっかり引き込まれて拝聴しました。
101107_1350~01.jpg
先生は現在「無塩食」のセミナーを定期的に開催されています。無塩食は断食と同じような、またはそれ以上の効果があると実感されているそうです!ただし、一歩間違うと危険が伴うので注意が必要とのことでした。
またその他に、女性の生理に関する田村式についても教えてくださいました。現在流布しているオギノ式と発想が異なったものですが、田村さんという方も膨大な実録をとり考察されたそうです。自分と照らし合わせて腑に落ちることも多く、大変勉強になりましたぴかぴか(新しい)


 実習 「女性特有の症状改善アサナ」  講師 古川 まゆみ

実習は古川まゆみ先生です。女性に多い不快な症状、肩こり・腰痛・冷え性・生理異常・生理不順、を改善するアサナや修正法、呼吸法などご指導いただきました。
まず女性の不調の原因について、先生が経験や書物から勉強されたことをまとめた資料をくださり説明くださいました。
それから実習です。しっかり足指、足首からほぐしてスタートです。首をゆるめる操体法、肩をゆるめるフェルデンクライスメソット、丹田に力を入れる動き、骨盤のゆがみをとる修正法、骨盤の血行をよくするアップドックからの動き、など様々ご指導いただきました。
101107_1300~01.jpg101107_1313~01.jpg101107_1322~02.jpg
最後に自律神経を整える完全呼吸法をご指導いただき終了です。あらためて自分のからだがゆるむのや縮んだところ、弱いところを感じることができました。
先生は更年期終盤のお歳だそうですが(みえないです!)ヨガを通じ不調を感じず過ごされているそう。すばらしいですかわいい


それから今回は佐野・古川先生が考案された「アサナ・マザーツリーの舞」を最初に披露くださいました。音楽に合わせてゆったりと流れるように、まるで舞っているようにアサナ・動きが繋がり美しかったです。また次回からも教えて頂けるようです揺れるハート
101107_1229~01.jpg101107_1228~01.jpg


今回も新しい発見、また常識が正しいとは限らないこと、真に大事なもののありがたさ大切さを見失っていること、などに気づかされました。たくさんの学びをありがとうございましたぴかぴか(新しい)


                    ペンネロリ



posted by ヨギーニ at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーツリー

2010年10月17日

オランダ・ラーレン道場25周年合宿

先日、オランダの玉木様からのお知らせを掲載
させていただきました。
合宿の内容も追記いたします。

************************

オランダ・ラーレン道場25周年記念合宿(4月22日〜7月17日)

・4月22〜29日● 國清先生と半断食合宿―620ユーロ

・5月1〜8日 クエーカーボランティア・アクションと共催で
        ワークキャンプ。17世紀教会の権威より真実を
      求めて離れたジョージフォークスによってつくられ
      たキリスト教フレンド派。非暴力・平和主義等を
      訴え、時代の権力に従わなかった為、投獄された
      人達などが歴史上多数。今年のテーマは質素な
      生活という信条から、日々の生活で地球を
     大切にすることを学びつつ、道場の建物や庭を整える。     参加費=食費のみ=135ユーロ

・5月27〜29日 冥想指圧セミナー 
     ヨガの十段階を指圧を通じて学ぶ。・・・195ユーロ

・6月1〜13日 25周年記念合宿(部分参加可能)
   <下記全期間=950ユーロ>
   1〜5日 ● 薬膳(大西先生の料理は神経の奥底まで
             とろけるような料理です)と
玉木瑞枝によるアサナほか。390ユーロ 
    5〜7日 ハラ(肚)を解剖学的に解明。
       東洋と西洋の人間の知恵の一致・・・195ユーロ 
   8〜10日 金沢初子さんによる修正法セミナー195ユーロ
   10〜13日 龍村修先生による特別セミナー250ユーロ
     13日 25周年記念の会                        
 *上記前半1〜8日=620ユーロ。
  後半5日〜13日=620ユーロ。
  全期間=1〜13日=950ユーロ

・6月24〜26日 丹田強化法合宿

・6月26〜7月7日 ワークキャンプ
    第一次世界大戦中に戦争に使われる税金を納めるのを
拒否したスイス人、非暴力・平和主義者によって始められた
S.C.Iという世界ボランティア団体。文化の違う人々が一緒に
生活し、ボランティア活動をすることによって、平和を考える
団体と共催でペンキ塗りや庭仕事をする。
参加費は各国のS.C.I団体によって異なる。

・7月7〜15日 玉木&金沢中心の下記合宿講習会620ユーロ

・  15〜17日 女性の為のウィークエンド合宿195ユーロ


*中心テーマは色々あっても、形式は沖ヨガの合宿で、
早朝より各種ヨガ行法や生姜シップ等で
1日中やることは一杯です。●印は早めに定員に達しますので、
参加希望の方はできるだけ早く申し込んで下さい。
私の日本滞在中でも結構です。
ヨガと書いてなくても、ヨガ行法は毎日しっかり行います。
参加希望者は必ず前もって連絡下さい。
突然の飛び込み参加はできません。

飛行場への迎えは致しません。観光案内もしませんが、
希望者にはヨガ関係のプロのガイドを紹介します。
アムステルダムの飛行場(スキポール空港)から、
ラーレン道場までは、乗って電車1時間20分
(ディーベンタ―駅)と、バスで20分と、比較的簡単です。

留守にしていることが多いので、電話ではご遠慮なく、
メッセージを残して下さい。Eメールは日本語でも結構です。

★玉木瑞枝連絡先
ラーレン道場 Tel=31−573−401932. Fax−573−401188(10月4日〜11月4日は不可)
      火曜と木曜=Tel=31-20-675-5336
Eメール=okidoholland@hotmail.com
posted by ヨギーニ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨギーニのひとりごと

2010年10月13日

オランダ沖ヨガ道場より

オランダの沖ヨガ道場の玉木瑞枝様から
日本の沖ヨガ関係者へのメッセージをいただきましたので
ご紹介させていただきます。


***以下メッセージの添付

 日本は猛暑だったとお聞きしています。皆様お元気でしょうか。
オランダでは8月下旬はもう朝夕寒いぐらいでした。
急な大雨もあって、床下浸水があちこちでありました。
昔は霧雨がほとんどでしたが、最近は急な大雨が増えています。
家屋も気候の変動にそって、改築が必要になってきています。


 来年でオランダ道場は創立25周年を迎えます。
建物の老朽化や公私混同しない後継者の育成とか、
問題は未解決のまま、毎日が過ぎて行きます。
ラーレン道場は色々な方々の支援で、無事25年を過ぎましたが、
その前の10年間を合わせて、私の海外生活も35年を過ぎました。
日本ではよく、「お弟子さんは何人おられるのですか?」という
質問を受けますが、答えに困ってしまいます。
私自身が先生という立場で道場を動かして来ていません。
色んな方々の影響を受けながら、道場に来られる方が自分で
何かをつかんで下さればと思い運営しています。
お願いする講師の先生方も研究者としてもまじめな方々です。

1980年代に比べれば受講生の数は減って、消防法も厳しくなり
多人数を収容できなくなりました。小グループでの活動が
中心ですが、この25年間で、世界各国から様々な方々が来られ
ました。
カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、
マレーシア、イスラエル、南アフリカ、トルコ、クロアチア、
ギリシャ、イタリア、ドイツ、フランス、フィンランド、
デンマーク、ベルギー、イギリス、アイルランド、アメリカ・・
国籍を数えればもっとです。
小さいけれど国際的なのがラーレン道場の特徴です。


「是非日本から1週間滞在予定で来て欲しいです」

 日本からは観光的に2泊3日位しか来られない人が多いですが、
中には1週間の合宿に参加された方もおられます。
1週間ラーレン道場で過ごされた方々は、
人生の転換期に役立つ何かを得た、持って帰った、
とよく聞きます。やはり1週間の道場生活は1週間分の価値が
あることは確かです。

 20周年の時は、内部問題もありちょっと寂しい会でしたが、
25周年には既にオーストラリア沖ヨガグループからの
参加予定もあり、日本からもやはり1週間参加して生活の中で
交流して頂きたいと願っております。
お祭り騒ぎではなくて4月22日から7月17日まで、
1週間合宿や週末合宿、ワークキャンプなど色々企画しています
ので、ぜひ一度はいらして頂きたいと思います。

できるだけ行法内容に関しては、日本語通訳を用意する予定です。この期間の合宿内容は別紙を見て下さい。

「日本に10月9〜31日迄、一時帰国します。」

 さて10月9〜31日まで、充電と私用を兼ねて帰国しますが、
その間のヨガ活動は下記の予定しています。
私はちょっと時代遅れで、メールも携帯もあまりうまく
使えませんので、下記にfaxや伝言を残して頂ければ、
こちらから連絡をとります。旅行中はメール毎日は読めません。
何日かごとです。


●日本滞在中の予定概要
10月5,6,7=アムステルダムセンターTel(0-20-675-5336) 。
7日出発前に最後のメール見ます。

11日夜=三島道場 Tel055-986-5655, Fax-9262。
12日夜=実家=TelFax086-96-0605
13,14日夜=妹宅 Tel 076-759-1438   
15,16=天河神社 Tel074-763-0848

*23,24日=ヨガ講習=新潟ヨガクラブ 
     ⇒時間場所は山田さんに Tel 025-271-3533

25,26,27=たぶん、キリスト友会東京月会(港区三田)
     フレンズセンターに宿泊します。

*27日(水)2〜4時、28日(木)1〜3時&6時半〜8時半
 ⇒ヨガ講習=赤坂龍村ヨガ研究所:
 申込先⇒
TelFax0463-85-3033. メール tatsumurayoga@ybb.ne.jp. 携帯tatsumura21yoga@softbank.ne.jp

*31日午前=女性のみ、午後=男女共。会場=津田塾大学津田梅子交流館 東京・国分寺駅近く
⇒申込先 TelFax 042-342-5709,042-342-5146

*11月1日 成田より帰国。プレゼントやお土産の食品等は、
重量制限などありますので、固くお断りします。

              合掌    玉木瑞枝


******
お知らせにある、25周年の日程・合宿内容については
希望者の方にメールで資料をお送りいたします。
興味のある方はご連絡いただければ幸いです。
posted by ヨギーニ at 21:27| Comment(1) | TrackBack(0) | ヨギーニのひとりごと

2010年09月08日

第96回指導者養成セミナー

NPO法人国際総合ヨガ協会東日本連合会
第2回定期総会のあとに、本年度最後の
指導者養成セミナーがおこなわれました。

本年度最後のセミナーですが、沖正弘著「ヨガの喜び」を
テキストとして使用する最初のセミナーでもありました。

本の内容に沿って、セミナーは進められます。
またどのように研究を加えて現在に至ったのかなど
担当講師の経験・体験も学べます。
沖先生の著書を学びながら最善のヨガを体得していきましょう!!


■■第96回指導者養成セミナー■■■■■■■■ 
 内容:プロローグ、エピローグ
 アサナ:猫のポーズ、前屈のポーズ
 修正体操:1,10,24,25,26(テキストの番号です)
 呼吸法:クンバク呼吸、完全呼吸
 
 講師:龍村 修
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

内容:プロローグ、エピローグ 
龍村講師は、沖先生のもとで修業をされていたので
 今回からテキストになった「ヨガの喜び」の出版秘話
 のお話からセミナーは始まりました。

naiyou講義の様子

 龍村講師が、選んだ箇所をみんなで読みました。
 その箇所を龍村先生は説明して下さいました。
 はじめて意味がわかったり、
 再認識したり、
 心に響いたり、
 興味無かったり・・・・

 と一人ひとり様々な感じ方をされたと思います。
 沖先生のエピソードを交えながら、わかりやすく
 楽しくお話されます。

 そして何度も、ヨガは技術ではない、門はあるけれど
 流派ではないと龍村講師は強くヨガの本質とは何かを
 私たちに伝えてくれました。

 そして、この「ヨガの喜び」は古い本ですが、書いてある事は
 古びてない、真理が書いてあるから長い間読み続け
 られているとおっしゃい、参加者のほとんどがうなずき
 この本の素晴らしさ、沖先生の偉大さを感じました。

アサナ:

 ●ウォーミングアップ
  身体のなかで何がおこっているのかを感じながら
  どこの筋肉を刺激するかではなく、どこを意識 
  するか、エネルギーの流れ等、1つずつ丁寧に
  説明してくださいました。ヨガと体操やトレーニングの
  が明らかに違うとわかるように教えてくださいました。
  
  そして、龍村流、指ヨガ、足の指の刺激(親指が腰椎
  1番等・・)の足ヨガ(?)もおこない、
  身体の変化に皆おどろき声をあげていました。

 
 ●猫のポーズ

  テキスト通りにまずアサナをおこない、
  その後、指先の向きをかえ二人組になり肩甲骨の
  動きの変化を観察

 ●前屈のポーズ  テキスト通りにアサナをおこない、
  アキレスけんを縮めたり伸ばしたりする意味、
  なぜ前後に動くのか丁寧に説明
asana01

修正体操・強化法
 ●内臓矯正強化のポーズ(1)
 ●かたより矯正のポーズA(10)
 ●ねじれ矯正のポーズC(24)
 ●ねじれ矯正のポーズD(25)
 ●ねじれ矯正のポーズE(26)
  *数字ははテキストにある番号になります
   1.JPG
↑1

 まずは、龍村先生が見本をみせてくれます。
 そのあと2人組になって実習をします
 
 10to24_1.jpg 
 
 ↑10&24
 丁寧にやり方を説明してくれて、わからなければ
 講師の先生に気軽に質問することもできます。
 2人組でおこないますし、講師の先生方も
 まわってきてくださるので、わからないで
 終わることはありません
  
25to26_1.jpg
↑25&26
 

呼吸法

 ●クンバク呼吸
 ●完全呼吸
 
 呼吸法は2種類実習しました。
 クンバク呼吸は、
 ・胸たたき
 ・胸広げ
 ・前後屈
 ・腕回し
 の4種類おこないました。胸たたきは、雄ゴリラになった
 気持ちになって胸をはってウホウホ両手で
 胸をたたきます。
 クンバクなのでウホウホいいませんが(笑)

 完全呼吸は、実習の前に上肺・中肺・下肺を図に
 書いて説明してくださりました。
 腹式呼吸+胸式呼吸が完全呼吸ではないということが
 わかりました。

 龍村先生が、Tシャツをまるりあげ、
 完全呼吸をしてくださいました。

 おなかの動きがはっきりわかりました。
 どこに空気がはいっていくのか
 抜いていくのか・・

 見よう見まねでみなさん繰り返します。
 横隔膜がうまく動かない人は腹式呼吸を
 練習する必要があるとおっしゃっていました☆


■■■■

 「ヨガの喜び」のテキストの内容にそって
 龍村先生の研究・体験を交えてのセミナーは
 本当に勉強になりました。
 

 またアサナ・呼吸法・修正体操等まんべんなくおこなうので、
 学びの多い充実したセミナーとなりました。

 
ペンうらりん

 
posted by ヨギーニ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導者養成セミナー報告

2010年09月06日

第8回「マザーツリーの会」セミナー

8月22日に第8回マザーツリーの会のセミナーがおこなわれました。

 加藤 眞智子 講師
「女性の更年期対策
 〜ヨガの指導員をしたら、魅力ある女、男になれるのですって!〜」

加藤講師はヨガ学院を設立されたり、ADL対応型高齢者体操研究会事務局長など幅広くご活躍されています。今回は女性の更年期対策、指導員としての身体自己管理などご講義くださいました。
katou01.jpg

「私がごく普通に生きれたのはヨガのおかげです」と先生は優しく微笑まれ講義は始まりました。
更年期の“更”の意から説いてくださり、“更”は働きがあらためられ継続すること、更年期とはいやなものでなく、素敵なよいものであること。正しい姿勢で正しく動くことが健康の大本で、指導者として、その人の意識までも含め正しい姿勢に持っていくことが大切なこと、とお話されました。
また、マイナスに捕えがちな、痛みもいのちの訴え、ゆがみは自分の素敵な特質、と話され、生きていくための勉強ですから、たくさん勉強してよいものを片っ端から実践し、本当によいと体感したものを伝えるようにとおっしゃっていました。

katou03.jpg
途中かわいらしいお菓子を配ってくださり「質問のある方はこの菓子をあげてくださいね」と和やかに講義は進みました。様々な質問が受講者から飛び出し、先生は次々と広い視野から解決に結びつく考えや方法を指導くださいました。

後半は実習です。
まず、先生が1日の始めに実践されている「スイッチ・オン体操」。気のめぐりをよくする動きから、身体各部のほぐしと刺激まで、終えた後は気分も体もスッキリです。ひとつひとつの動きは難しすぎるものでなく、体が目覚めるようでした。それで強化する動きもあり、丹田力の弱い私はお腹が筋肉痛に…
katou04.jpg

それからペアになり、磯谷式の股関節のゆがみなおしなど。また、要望のあった身体の不調の対処法などたくさん指導いただきました。
katou05.jpgkatou08.jpgkatou06.jpg

指導者として長く深く追求された先生の言葉からは、真実の重みが感じられました。今回も貴重な御講義ありがとうございました。かわいい
katou07.jpg

ペンネロリ
posted by ヨギーニ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マザーツリー

2010年08月08日

第94回指導者養成セミナー

第94回セミナーがおこなわれました。

今回は、会員のユキエさんからセミナーの感想をいただきました
ので紹介させていただきます。

■第94回セミナー感想

今回初めてセミナーに参加させていただきました。

渡辺しめ子先生…「老化は足から」普段意識を向ける
事のない足をじっくり指先からほぐしていきました。
足指を丁寧に触っていくと体への感謝の気持ちが
湧いてきます。

渡辺先生のとてもやさしい口調、
穏やかな人柄に引き込まれました。

私は最初は緊張していましたが和気あいあいとした
雰囲気で二人組のほぐしなど行ううちに
とてもリラックスして楽しくとても勉強になる時間を
過ごさせていただきました。
(二人組の行法は体だけでなく心もほぐれると改めて思いました)

山田晃先生…「治さない治し方」とても難しいテーマです。
それを先生の体験を交えてわかりやすく話してくださいました。
病気になっても病人にはなるな」「病気を治していく過程で人間性も向上させていく」という話が心に残りました。

ヨガを通じて生徒さんに何を伝えていくか、
アサナだけでなくその先にあるもの…
それをもっと勉強していきたいと思います。

沖ヨガとしばらく離れていましたが今回参加して改めて
「生活総合ヨガ・沖ヨガ」のすばらしさを感じました。
これからも日々勉強です。

ありがとうございました。 合掌

                  ユキエ

かわいいかわいいかわいいかわいい
ユキエさん、感想ありがとうございます。
そして今回も貴重なご講義をありがとうございました
posted by ヨギーニ at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 指導者養成セミナー報告

2010年07月23日

第8回東日本連合会合宿@高尾山

7月3日〜4日に第8回東日本連合会合宿が開催されました。
IMG_0734.JPG

約1200年前に開山された真言宗の寺院、高尾山薬王院で
おこなわれました。高尾山というと、ミシュランでも
三ツ星として紹介され、海外からの来訪者も多い
抜群の自然環境です。精進料理のお食事、大自然の中での
アーサナや呼吸法、早朝護摩修行など体験しました。


参加者の会員さんから、感想を頂いていいるので
ご紹介させていただきます。
       takaosan03.JPG


かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
高尾山合宿感想 高山知子さん

高尾山口駅に下車ケーブル迄歩いていく道中、
東京からこんなに近くに眺めが違う風景が目の前に表れ、
遠くに旅行に行った気分にさせられました。
ケーブルに乗り高尾山に到着、薬王院に着くまで、
パワースポットと言われるだけのことはあり、川は流れ、
緑に囲まれ、空気が澄んで、歩くにつれレトロなお店が立ち並び、高尾山を守ってきたといわれる天狗様に迎えられ(?)
気分がりラックス。


急な山道を、重い荷物をガラガラ引きながら歩いていると
ヨガ仲間の方に助けて頂き、薬王院に着きました。
高尾山に着いた早々から皆さんに声をかけていただき助けられ、
無事到着できたことに感謝致します。


薬王院はりっぱなお寺でお部屋も広く、美しく、
こんな良いところでヨガができるとは・・予想外でした。
パワーを頂きながら山の頂上まで歩き、
みんなで呼吸体操もできて、ほんとに幸せでした。
これだ〜合宿に来た喜び!
食事も精進料理、美味しくて量もたっぷり、
太る心配もなく安心して食べられるのが、
女性にとってとても嬉しいことでした。
takaosan01.JPG

アーサナーもご指導の先生方がすばらしく、
充分な時間をかけて瞑想もでき、
合宿ならではの中身の濃い内容でした。
緊張した時間、ゆったりした時間と過ごすことが出来、
又合宿に参加された皆さんと親しくお話ができたことが
、何よりも楽しい合宿でした。


こんなに近くで、食事も美味しく、部屋も美しくて広く、
費用も安く、何より一泊二日でこんなに充実した合宿に
参加できてよかったとおもいます。二泊三日のお話も
ありましたが、一泊二日は参加しやすい日にちですね。
次回も高尾山合宿参加したいですね!

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
高尾山合宿感想 渡辺 可苗さん

今回、高尾山の合宿セミナーに参加させて頂きました。
合宿も久し振り高尾山も初めてで
、行く前からとても楽しみにしておりました。
一泊二日はあっという間。今回も沖ヨガの深さに
触れさせて頂きました。

龍村先生、佐藤先生、古川先生と、大先輩の講師の方々の
講座を緑を眺め鶯の鳴き声を聞きながらの参加です。
とても贅沢です!龍村先生の《指ヨガ》は即実践
しております。
私事では急遽、30分ほどレッスンを行うことになり大緊張っ!
ヨガが初めての方も何名かいらっしゃいましたが、
自分がいつもクラスで行ってる通りに行おうと。
心身のリラクセーションをテーマに行いました。
このような機会を頂き、ありがとうございました。
緊張しましたが、これも勉強になりました。
           takaosan04.JPG

また、修験僧の方から法話も拝聴し、とても良い経験をさせて頂きました。高尾山の歴史から煩悩(欲・愚痴・怒り)の話、
ほらがい(音を出す)がいくらするか等々、貴重なお話でした。


精進料理の美味しさにも感動。素材のうま味がとても活きていて、高尾山で五感が研ぎ澄まされ味覚も冴えたようです(笑)


そして、高尾山の山頂に皆さんで登り呼吸体操を行った時、
いつにも増しての呼吸の深さ清らかさを感じました。
これがパワースポットか!?(笑)
この場所に来なければ感じられない、体感できない、
これが合宿セミナーの醍醐味ですね!

ヨガ万歳!合掌

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい

感想ありがとうございました。
通常のクラスやセミナーでは味わえない
貴重な体験ができた合宿でしたわーい(嬉しい顔)
ペンうらりん


posted by ヨギーニ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 合宿報告